メインイメージ

セサミンで不妊症を改善

セサミンは不妊体質を改善する

セサミンは美容やアンチエイジングなど、女性の健康をサポートしてくれる効果があることで人気を博している健康食品です。
少子化や晩婚化が叫ばれる現在、子供が欲しいにも関わらず不妊に悩む方々が年々増えています。
セサミンは不妊に悩む方の体質を改善し、体を妊娠しやすい環境に整えてくれる効果があります。
今回は、セサミンで不妊体質が改善できる理由についてお話します。

不妊症とは

詳しい説明(クリックで展開)

不妊症は「正常な夫婦の営みがあって、2年以内に妊娠がないこと」と、定義されています。
これは通常の夫婦であれば2年以内に90%の確率で子供を授かっているという統計学上の事実に基づいています。

不妊症の原因

不妊症というと女性が原因と思われますが、女性側に原因がある場合が5割、男性側が3割で、原因不明も2割あると言われています。

男性の場合は精子が少ないか、元気がない場合が殆どで、無精子症である場合も稀にあります。

一方、女性は男性に比べ生殖機能が複雑で原因が特定しにくく、複数の原因が重複している場合が殆どです。
しかし、多くの場合
(1) 子宮内の血行不良
(2) 女性ホルモンの分泌不足
が挙げられます。

詳しい説明(クリックで展開)

子宮内の血行が悪いとホルモンの分泌が悪くなり、卵子の着床に必要な子宮の環境が整いにくくなります。
また、何かの原因で女性ホルモンのエストロゲンの分泌が悪くなると、卵子の成熟が遅れ、 排卵を促し子宮内の環境を整えるプロゲステロンの分泌も促されなくなります。
その結果、仮に受精しても子宮内で着床が難しくなり、妊娠まで至らない確率が高まります。
さらに、昨今は晩婚化が顕著なので、卵子や子宮が老化すると妊娠が困難になります。

セサミンが不妊症を改善する理由

セサミンはゴマ由来の栄養素で、ゴマリグナンと呼ばれるポリフェノール性物質の一種です。
ポリフェノール類は一般的に女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似ており、植物エストロゲンとして作用します。
セサミンも植物エストロゲンの作用があり、また油に溶ける脂溶性の抗酸化物質としても作用します。
セサミンは、これらの作用により不妊体質を改善します。
セサミンがどのように体に作用するのか、詳しく見てみましょう。

セサミンはエストロゲンの代用になる

詳しい説明(クリックで展開)

女性ホルモンは卵巣と副腎で生産されますが、そのほとんどは卵巣で生産されます。
女性ホルモンは卵胞を成熟させるエストロゲンと、排卵を促し着床のために子宮の環境を整えるプロゲステロンがあります。
プロゲステロンは卵胞が成熟しないと分泌が促されないので、ストレスや過労で卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌が低下すると卵胞の成熟が遅れ、排卵が滞ります。

セサミンは植物エストロゲンとして作用し、卵巣で分泌が低下したエストロゲンの代用として機能します。
植物エストロゲンは細胞のエストロゲン受容体と結合し、エストロゲンが結合した時と同じ反応を起こします。
そのため、エストロゲンの生産力が低下しても卵胞が成熟し、プロゲステロンの分泌が促され排卵や子宮の環境が整えられます。

セサミンはプロゲステロンの生産にも関与

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンは、肝臓で抗酸化物質として作用します。
セサミンは、同じ脂溶性の抗酸化物質のビタミンEを活性化する作用があります。
ビタミンEの別名は「トコフェロール」で、これは「こどもを産ませる」という意味です。
ビタミンEはプロゲステロンの代謝※1に関与しているので、セサミンでビタミンEが活性化するとプロゲステロンの生産量が増えます。
また、ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、細胞の細胞壁で抗酸化物質として作用し、卵子や子宮の老化の原因となる活性酸素※2から女性の生殖機能を守ります。

※1 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質の物質に変えること。
※2 活性酸素とは電子が欠損し物質として不安定な酸素のこと。他の物質と結合して物質としての安定化を図るため、普通の酸素に比べ化学反応が早い性質があります。

セサミンは子宮の血行不良も改善する

詳しい説明(クリックで展開)

血中の中性脂肪や悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが増え、血液がドロドロになると血行不良を引き起こします。
中性脂肪やLDLコレステロールは肝臓で生産され、肝臓に脂肪が蓄積すると分泌量が増えます。
セサミンは肝臓に蓄積した脂肪からエネルギーを取り出す際に必要な、脂肪酸β酸化系酵素や脂肪酸酸化系酵素の発現を増やし、脂肪の燃焼を促進します。

また、セサミンは小腸でのコレステロールの吸収と、肝臓でのコレステロールの合成を阻害する作用もあります。
以上のような作用により、血中の中性脂肪やLDLコレステロールが減少し、血液がサラサラになって血行が改善します。
その結果、子宮内の血行も良くなりホルモンの分泌が改善し、妊娠に必要な子宮の環境も整えられるようになります。

まとめ

女性の不妊の主な原因は、子宮内の血行不良とエストロゲンの分泌不足が挙げられます。
セサミンは肝臓に働きかけ、血行不良の原因となる血中の中性脂肪やコレステロールを減らし、血液をサラサラにすることで子宮内の血行を改善します。
また、セサミンは植物エストロゲンとして分泌が減少したエストロゲンの代用となり、卵胞を成熟させます。
さらに、セサミンで活性化したビタミンEは排卵を促し子宮の環境を整えるプロゲステロンの代謝を促進するので、妊娠しやすい体質に変えてくれます。
セサミンは、不妊に悩む女性の体質を徐々に改善してくれる健康食品です。

この記事に関連する記事はこちら