メインイメージ

セサミンのメリットやデメリットは?

セサミンのメリットやデメリットはあるの?

セサミンはゴマ由来の栄養素で、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果があることで人気を博しています。
ところで、どんな栄養素でもメリットやデメリットがあります。
メリットやデメリットを把握することで、セサミンの効果を高めたり、セサミンによる悪影響を回避したりすることができます。
今回は、セサミンのメリットとデメリットについてお話します。

セサミンとは

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンはゴマ全体の僅か1%にも満たない栄養素で、主にゴマの脂肪部分に含まれるゴマリグナンと呼ばれるポリフェノール性物質の一種です。
セサミンは油に溶ける脂溶性の抗酸化物質で、主に肝臓で有害な活性酸素※1の除去を行い、肝機能改善に効果を発揮します。
また、セサミンは女性ホルモンのエストロゲンに分子構造が似ており、植物エストロゲンとしてエストロゲンの代用になります。

※1 活性酸素とは電子が欠損し物質として不安定な酸素のこと。他の物質と結合して物質としての安定化を図るため、普通の酸素に比べ化学反応が早い性質があります。

セサミンのメリット

安全性が高い

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンは一般に食品として用いられるゴマから抽出される、天然の栄養素です。
ゴマのたんぱく質はアレルゲン(抗原)となり、ゴマに対してアレルギーを起こす人もいますが、ゴマから抽出されたセサミン自体にアレルゲンは無く、安心して摂取できます。
また、セサミンは他の成分と拮抗することは少なく、一部を除き他の栄養素や成分などと一緒に摂取しても、互いの効果が薄れることはありません。

肝臓での抗酸化作用が高い

詳しい説明(クリックで展開)

セサミン以外にも、抗酸化作用のある栄養素は数多くあります。
食物で抗酸化作用のある栄養素を摂取すると、小腸で吸収され、血液で一度肝臓に運ばれますが、その間に血液中の活性酸素に反応し抗酸化作用が減少してしまいます。

一方、セサミンは、そのままでは抗酸化物質としてほとんど作用しません。
セサミンは小腸で吸収され肝臓に運ばれると、そこでカテコール体に代謝※2されることで抗酸化物質として活性化します。
また、セサミンは肝臓で生産される抗酸化物質のグルタチオンや、同じ脂溶性の抗酸化物質のビタミンEを活性化する作用があります。
そのため、肝臓での活性酸素の除去を強力に促進します。

※2 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質の物質に変えること・

健康効果の範囲が広い

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンは主に肝臓で活性酸素を除去することで肝機能改善に効果を発揮しますが、肝臓は「生体の化学工場」と呼ばれるほど様々な役割を果たす器官です。
そのため、肝機能が改善することで脂肪燃焼や悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールの抑制を行い、肥満や動脈硬化による生活習慣病の予防に効果を発揮します。

また、アルコール代謝促進による二日酔い予防、ドーパミンの合成促進によるうつ病予防にも効果があります。
さらに、植物エストロゲンの作用もあるので、更年期障害の諸症状を緩和し、生理不順やエストロゲン不足による自律神経の乱れの改善など、広範囲な健康効果を期待できます。

セサミンのデメリット

ゴマからの摂取は面倒

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンはゴマの脂肪に含まれる成分です。
ゴマは、消化分解ができない食物繊維でできた硬い表皮に覆われており、そのままでは中の栄養素を摂取できません。
ゴマからセサミンを摂取するには、噛んだりすり潰したりして表皮から中の成分を取り出す必要があります。

さらに、1日の目安量とされる10mgのセサミンをゴマから摂ろうとすると、約3000粒が必要と言われています。
そのため、毎日ゴマからセサミンを摂るには、大変な労力が必要です。

油と一緒でないと吸収率が悪い

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンは脂溶性の栄養素なので、油と一緒に摂取しないと小腸からの吸収が悪くなります。

誰でも効果があるわけではない

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンは、医薬品ではありません。
セサミンをはじめとした健康食品は、毎日摂取することで徐々に体質を改善し、健康効果をもたらします。
そのためセサミンの効果には個人差があり、人によっては長く続けても効果が現れない場合があります。

まとめ

セサミンはゴマ由来の天然の栄養素で、脂溶性の抗酸化物質と植物エストロゲンの作用を併せ持っています。
セサミンは安全性が高く、一部を除き他の栄養素と拮抗作用が無いため、他の成分や栄養素と一緒に摂取ができ、さらに健康効果の範囲がとても広いというメリットがあります。

一方、セサミンはゴマからの直接の摂取が面倒で、油と一緒でないと吸収率が悪く、誰でも効果が現れるというわけではありません。
セサミンは徐々に体質を改善し健康効果を発揮する栄養素なので、セサミンが凝縮され毎日手軽に摂取が可能なサプリメントでの摂取がおススメです。

この記事に関連する記事はこちら