メインイメージ

セサミンと一緒に摂りたいスクアレン

セサミンとスクアレンを一緒に摂取

アンチエイジングや生活習慣病に効果があり、ゴマ由来の健康成分として知られるセサミン。
ゴマに僅かしか含まれていないため、サプリメントを活用している方も多いと思います。
セサミンと合わせて摂りたい栄養素の一つに、スクアレンがあります。
余り聞かない栄養素ですが、セサミンとはどのような相乗効果があるのでしょうか?
今回は、セサミンとスクアレンの関係についてお話します。

スクアレンとは

詳しい説明(クリックで展開)

スクアレンと言うとあまり馴染みはありませんが、年配の方なら鮫の肝油の有効成分と言うとピンとくるかもしれません。
スクアレンは鮫の肝臓に多く存在する油性成分です。

スクアレンは、人間をはじめ動物であれば体内で合成が可能ですが、スクアレンとして存在していることは殆どありません。
スクアレンは鮫の肝臓の他に、オリーブ油やアボガド、皮脂にも存在していますが、その量は僅かです。

スクアレンの作用

詳しい説明(クリックで展開)

スクアレンは体内に吸収されると、水から水素を取り込みスクアランになり、酸素を放出します。
この酸素は、酸素不足の細胞を活性化する作用があります。
酸素が少ない深海でも深海サメが生息できるのは、肝臓の脂質の多くをスクアレンが占めるからだと考えられています。

スクアレンは皮膚やリンパ節、骨髄などに存在し酸素を供給していますが、20代をピークに減少し、酸素不足によって細胞の新陳代謝※1が阻害され、老化を早めてしまいます。
ちなみに、スクアレンからできたスクアランは非常に安定した物質で、皮膚への浸透性が高いので美容クリームや軟膏、座薬などに使用されます。

※1 新陳代謝とは、古い細胞を分解し、新しい細胞に入れ替えることで、組織の機能を保つ生理現象のこと。

セサミンとスクアレンの相乗効果

セサミンはゴマ全体の僅か1%しか含まれない栄養素で、ポリフェノール性物質のゴマリグナンの一種です。
セサミンは、油に溶ける脂溶性の抗酸化物質と、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似た植物エストロゲンの作用を併せ持っています。
セサミンとスクアレンを一緒に摂取すると
(1)血流促進
(2)肝機能向上
(3)美肌
に、効果を発揮します。
それぞれどのように体に作用するのか、詳しく見てみましょう。

血流促進

詳しい説明(クリックで展開)

人の体は弱アルカリ性に保たれていますが、体に疲労が蓄積し血中の水素イオン濃度が高まると、体が酸性に傾きます。
体が酸性に傾くと、血液がドロドロになり血流が阻害されます。
スクアレンは水素イオンを除去する作用があるので、体を弱アルカリ性に戻し、血液をサラサラにします。

一方、セサミンは小腸からのコレステロールの吸収を抑制し、肝臓でのコレステロールの合成を阻害する作用があります。
そのため、血中コレステロールが減少し、血液をサラサラにします。

肝機能向上

スクアレンは肝臓のエネルギー生産力を上げる

詳しい説明(クリックで展開)

肝臓は「生体の化学工場」と呼ばれ、1つの臓器でエネルギーの生産や、解毒、各種たんぱく質や酵素の生産、鉄の貯蔵などの様々な役割を担います。
肝臓の重要な役割の一つが、エネルギー生産です。
生体のエネルギーは、細胞内のミトコンドリアが、栄養素と酸素を取り込むことで生産されるので、酸素不足はエネルギー生産力低下を意味します。
スクアレンは肝臓の細胞に酸素を供給し、肝臓のエネルギー生産力を高め、肝臓の機能を向上させます。

セサミンは肝臓で発生した活性酸素を除去する

詳しい説明(クリックで展開)

肝臓の細胞内にあるミトコンドリアが酸素を取り込んでエネルギーを生産すると、副産物として活性酸素※2が発生します。
活性酸素は肝臓の細胞に結合すると機能を低下させるので、肝臓では様々な抗酸化物質が作用します。

※2 活性酸素とは電子が欠損し物質として不安定な酸素のこと。他の物質と結合して物質としての安定化を図るため、普通の酸素に比べ化学反応が早い性質があります。

セサミンそのままでは抗酸化物質としてほとんど作用しませんが、小腸で吸収されて肝臓に運ばれると、そこでカテコール体に代謝※3され抗酸化物質として活性化します。
また、セサミンは自らが抗酸化物質として作用する以外に、肝臓で生産される抗酸化物質のグルタチオンや、必須栄養素で抗酸化物質として作用するビタミンEを活性化します。
その結果、肝臓で発生した活性酸素が減少し、肝機能を維持できるようになります。

※3 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質の物質に変えること。

美肌

詳しい説明(クリックで展開)

スクアレンは細胞に酸素を供給するため、新陳代謝を活性化する作用があります。
女性の肌の新陳代謝は、女性ホルモンのエストロゲンも関与しているため、更年期でエストロゲンの分泌が減少すると肌の新陳代謝が遅くなり、肌荒れの原因になります。
セサミンは植物エストロゲンとしても作用するため、更年期で減少したエストロゲンの代役となり、肌の新陳代謝を改善し、若々しい素肌を保つ手助けをします。

スクアレンは酸化しやすい

詳しい説明(クリックで展開)

スクアレンは油性成分なので、非常に酸化しやすい性質があります。
セサミンは脂溶性の抗酸化物質なので、スクアレンを多く含有する鮫の肝油に配合するとスクアレンの酸化を抑制し、添加物を加えなくても品質を保てるようになります。

まとめ

スクアレンは鮫の肝臓に多くある油性成分で、細胞に酸素を供給する作用があります。
セサミンとスクアレンを一緒に摂取すると相乗効果で、肝機能が向上し、血液がサラサラになります。
また、新陳代謝が活性化するので美肌も実現できます。

スクアレンは酸化しやすいという欠点がありますが、抗酸化作用のあるセサミンを配合したサプリメントであればその欠点も補えます。
セサミンとスクワレンは、あなたの健康維持にとても良い組み合わせです。

この記事に関連する記事はこちら